レーシック専門ガイド
HOME
サイトポリシー・運営会社
レーシックの手術方法を徹底解説
レーシック手術の特徴を徹底比較
レーシック機器の特徴を徹底解剖
料金を徹底調査
レーシックの一般的な診療の流れ
クリニック選びのポイント
コンタクトレンズの危険性
 
    
< PR >スーパーイントラレーシック13.3万円〜
手術方法を徹底解説
カウンセリングで「レーシックの手術が不適応」と言われても、まだあきらめないで下さい。 レーシック以外でも、視力を回復できる方法があります。 このページでは、レーシック以外の視力回復方法についてご紹介します。
イントラウェーブフロントレーシック
 
▲リング
▲術後の眼球イメージ
イントラ角膜リングとは、角膜内に半円のリングを挿入して角膜の形状を変えて近視・乱視を治療します。イントラレースを用いることでコンピュータ制御による角膜の切開が可能になり、より安全かつ正確な施術が行え、効果も一層期待できるものとなっています。円錐角膜治療では最新の技術であり、最も安全な方法です。

イントラ角膜リングの特徴
  • ・近視・乱視の治療が可能。
  • ・円錐角膜の進行を遅らせることができる。
  • ・コンタクトレンズの装用が出来ない方はコンタクトレンズにより矯正が可能になる効果もある。
  • ・効果が無い場合はリングを取り出して元の状態に戻す事もできる。
  • ・回復の実感には個人差があり、イントラレーシックほどの矯正精度はない。
 
イントラウェーブフロントレーシック
 
▲リング
▲術後の眼球イメージ
フェイキックIOLは、レーシックでは視力回復が難しい強度近視や、角膜が薄い場合に行う施術です。フェイキックIOLは人工レンズを角膜と虹彩の間に挿入することにより、光の屈折を変え視力を回復します。

<ARTISAN・ARTIFLEXレンズ>
レンズの材質は2種類あり、ひとつはポリメチルメタクリレートと素材でできたARTISANタイプで、米国FDA(食品医薬品局)に承認されているレンズです。もうひとつは、光が通る部分がシリコンでできたARTIFLEXタイプです。

フェイキックIOLの特徴
  • ・-10D以下の最強度近視や、角膜厚不足でエピレーシックが受けられない方でも施術可能。
  • ・眼内に挿入するレンズは、交換の必要が無く長期にわたり視力を維持できる。
  • ・万が一、施術後問題が生じてもレンズを取り出すことが可能。
 
< PR >スーパーイントラレーシック13.3万円〜
 
レーシックの
手術方法
レーシックの特徴 レーシック機器 レーシックの料金 レーシック
手術の流れ
クリニック選び コンタクトレンズの
危険性
豊胸専門ガイド よ〜くわかる豊胸手術 脂肪吸引専門ガイド よ〜くわかる脂肪吸引 美容整形Q&A専門サイト
自毛植毛専門ガイド 二重まぶた専門ガイド プチ整形専門ガイド 鼻 整形専門ガイド  
Copyright(C) 2009 ZERO WEB. All Rights Reserved.
レーシック専門ガイド